読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の笑顔はアハー

呑んだり食べたり見たり聴いたり読んだり思ったり

今更シリーズ 旅の思い出 桜散る会津+日光 1

 もしかしたら鶴ヶ城の桜が見頃かも、という期待をもって会津に出かけた私達夫婦。

昨年5月の会津旅と同じように、今回も東武鉄道のフリー切符(7260円)を利用した。

 

 4月24日

9時10分東武浅草発。この時間も昨年と同じ。

車窓から見える、のどかな風景が春らしい。菜の花があちこちに。

f:id:shippo4:20150424104206j:plain

 

 11時21分日光着。

日光で買ったお弁当

f:id:shippo4:20150424113919j:plain

f:id:shippo4:20150424113906j:plain

夫 ます寿司、私 とちぎ牛弁当。私はこれも昨年と同じ。夫は前回ささむすび弁当だったな。私はきっと次に行く時も同じものを買うような気がする。ビールは、夫 キリン一番搾り500ミリ、私 サッポロ黒ラベル350ミリ。

f:id:shippo4:20150424114212j:plain

温泉卵をくずすと、スプラッタな感じになってしまった。

 

 11時37分日光発、14時11分会津着。

宿泊予定のホテルのフロントに荷物を預かってもらい、鶴ヶ城へ。

道々目につく桜の花は、もう終わろうとしていて多くが散っている。

地面に落ちた花びらが風で舞い上がって幻想的。その花びらにまみれながら

「うふふ、うふふ」

と、昭和の少女漫画のように、手を下に広げてクルクル回る夫。

げらげら笑っているうちにお城に到着。

お堀には花びら溜りができていた。

f:id:shippo4:20150424150325j:plain

f:id:shippo4:20150424150417j:plain

f:id:shippo4:20150424151003j:plain

 

花びらの地吹雪がすごい。前の週あたりが見頃だったのかな。

 

f:id:shippo4:20150424152013j:plain これが本当の桜吹雪

 

f:id:shippo4:20150424152432j:plain

 

f:id:shippo4:20150424153429j:plain

おやつは当然、桜ソフト!

                                       

 ホテルにチェックイン。部屋にサービスで置いてあるピーナツ煎餅でお茶をいただいてから、盃爛処へ。

予約した18時よりも少し早く到着。

予約する時に、カウンター席がいい、と言うのを忘れていたのだが、入店の時に

「小上がりになりますけどカウンターの方がいいですか?」

と聞いてくれた。

「できたらその方がいいんですけど・・・」

というやり取りを聞いていた、カウンターにいたオジサマ2人が席を替わってくださった。恐縮しながらも、お言葉に甘えちゃった私達である。

f:id:shippo4:20150424181222j:plain ひこにゃんがいるけど、ここは会津

 

f:id:shippo4:20150424175342j:plain

お通しは、菜の花?のお浸しとブリフライ

 

旅先が内陸だと、あえて刺身を食べない夫だったが、今回めずらしく注文。

f:id:shippo4:20150424181359j:plain

ソイとアイナメ。予想以上に美味しかったそうだ。私は生もの嫌いなので食べません。

 

他に注文したツマミは

みのすけ豆腐

栃尾油揚げ

・馬ハラミ串を3本

・青森にんにく焼き

・馬刺し

なめこおろし

 

f:id:shippo4:20150424182935j:plain

これは、おまけで出してくれたブリのハラミ

 

f:id:shippo4:20150424185759j:plain 馬ハラミ串

f:id:shippo4:20150424195255j:plain 馬刺し

f:id:shippo4:20150424203308j:plain なめこおろし

 

 さて、肝心のお酒は

・花さくら(会津娘 純米吟醸)

会津中将(純米吟醸生原酒) 

・泉川(純米吟醸)

・国権(純米)

この国権は、隣の席のKさんという愉快な紳士(先代店主の頃から25年も通っている常連さん)が、いつも呑んでいるという常温で御馳走してくださった。常温、美味しい。

・風が吹く(純米吟醸生酒)

 

 

 そろそろお燗がほしいよね、と、店主のカズ君にお任せでリクエストしてみた。

まずは 開当男山 を出してくれた。もちろん美味しい。

次のお酒をおねだりすると、

「実は燗にするとヘンタイな味になる酒があるんですよ。」

とカズ君が言う。なんだそれは、気になるじゃないか。もちろんお願いする私達。

いつもは福島のお酒を出してくれるカズ君だが、これは珍しく京都のお酒だ。

f:id:shippo4:20150424211958j:plainお茶に見えるかもしれないが、お酒だよ。

玉川(山廃純米22by)を70度にしてくれた。おお、かなりクセがありますね。

で、それに合うツマミとして出してくれたのが

f:id:shippo4:20150424212008j:plain

なんとビターチョコレート!

チョコを食べて玉川を呑んでみた・・・・・うわあなんだこれは!!

この組み合わせはばっちりだ。お酒の温度もぴったりだ。お酒だけで呑んだ時に感じたクセ(嫌なクセではないが、人によっては苦手かも)が、かえっていい感じだ。

カズ君すごーい!と夫婦で感動し、美味しい美味しいと呑みほした。酸が強いせいか、スイスイいっちゃって危険だわ。

カズ君的にはこれが渾身のラスト燗酒のつもりだったようだが、夫が更に別のお酒を要求。私も(えー、まだ呑むの?)と思いながらもつきあう。

・竹鶴(雄町純米)

ツマミは〆に注文した海苔茶漬けだ。

 

燗酒は美味しいのに地位が低く見られがちだよね、などと語り合う夫婦であった。

 

最後におまけだと言って出してくれたのは常温の

・花垣(純米大吟醸)

 

大満足で盃欄処を後にした。

 

 

 ホテルにもどってお風呂にいった。このホテルの宿泊客は、すぐ近くの入浴施設(温泉ランド)を利用できるのだ。広いお風呂に入れてうれしい。色々な浴槽があるし。

お風呂上りにロビーの自販機でジュース(ネクター)を飲んだ。サンキストのネクターなんてあるんだ。懐かしい甘さでおいしい。

0時過ぎに就寝。